ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 信用 〔文庫〕 五十嵐貴久 569円 ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 / 五十嵐貴久 〔文庫〕 本、雑誌、コミック 文芸 日本文学 日本文学全般 ぼくたちのアリウープ,PHP文芸文庫,569円,/dumfounderment182681.html,ikumou-club.jp,五十嵐貴久,本、雑誌、コミック , 文芸 , 日本文学 , 日本文学全般,/,〔文庫〕 ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 信用 〔文庫〕 五十嵐貴久 569円 ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 / 五十嵐貴久 〔文庫〕 本、雑誌、コミック 文芸 日本文学 日本文学全般 ぼくたちのアリウープ,PHP文芸文庫,569円,/dumfounderment182681.html,ikumou-club.jp,五十嵐貴久,本、雑誌、コミック , 文芸 , 日本文学 , 日本文学全般,/,〔文庫〕

ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 祝開店大放出セール開催中 信用 〔文庫〕 五十嵐貴久

ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 / 五十嵐貴久 〔文庫〕

569円

ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 / 五十嵐貴久 〔文庫〕

発売日:2015年05月 / ジャンル:文芸 / フォーマット:文庫 / 出版社:Php研究所 / 発売国:日本 / ISBN:9784569763583 / アーティストキーワード:五十嵐貴久 イガラシタカヒサ

内容詳細:憧れのバスケ部に入部届を出したジュンペー。ところが、三年生が不祥事を起こして一年間対外試合禁止、とばっちりを食った二年生はジュンペーら一年生の練習参加を拒否する。諦め切れないジュンペーは、「勝てば練習参加、負ければ退部」を賭けて、二年生に試合を申し込む。しかし試合に必要なメンバーが足りない!?女子との練習試合でボロ負け!?いったいどうなるの??高校バスケを舞台にした、青春スポーツ小説。

]

ぼくたちのアリウープ PHP文芸文庫 / 五十嵐貴久 〔文庫〕

Loading...

ソメスサドルは、1964年の創業以来、
時を経てますます愛着の湧く
革製品づくりを目指し、
企画から製造、販売、修理までを
一貫して行っています。

SCROLL DOWN

SOMMET&
SADDLE

CLAFTSMANSHIP,
SINCE 1964.

SOMMET(頂点)&SADDLE(鞍)の言葉を
合わせて
誕生したソメスサドルの原点は
「馬具づくり」にあります。
明治以来、北海道の開拓を支えてきた馬、
そして馬具づくりの技術。
この技を守り、受け継ぎ、世界のマーケットに
通用する馬具をつくろう。
こうして馬具職人がこの地に集まり、
頂点を
目指すべく新たな挑戦が始まったのです。

  • VIEW MORE

    SOMÈS AUTUMN COLLECTION|札幌店・大丸札幌店

  • VIEW MORE

    オータムフェア2021|砂川ショールーム

  • VIEW MORE

    オーダーでしか手に入らない特別な「ソメス」

  • VIEW MORE

    再販売のお知らせ|馬メンコキーホルダー

  • VIEW MORE

    【限定生産】フランス製カーフのメンズ財布|フェル

  • VIEW MORE

    レディース財布の新色5アイテム|ピルエット

  • VIEW MORE

    上質なカーフを育てる新作レディース財布|フリージアン

  • VIEW MORE

    特製IDケース&ネックストラップ

  • VIEW MORE

    【千歳空港店限定】2WAYポシェットの限定カラーが登場

BLOGブログ

アイテムセレクション

秋からはじめる革財布|縁起の良い実り財布

秋から革財布をはじめよう 金運が実る財布 「食欲の秋」といえば、稲や果実など旬の果物や野菜が豊かに実る季節。その季節にちなんで、秋に新調するお財布は縁起が良いと言われているのを...

SHOP LIST店舗一覧

製品の特長や機能性について、
スタッフが丁寧にご説明いたしております。
お気に入りの1点を見つけに、ぜひお越しください。

CD/Official髭男dism/Traveler[通常盤]

REPAIRリペア

永くご使用いただけるように、
無料で製品メンテナンスを受け付けています

VIEW MORE

HORSE
GOODSソメスの馬具

人の命を預かる鞍は、「安心・安全」を最優先するため、
素材の選択と手作業に一切の妥協を許さずに製造しています。

オンラインショップ

ABOUT USソメスについて

私たちは札幌と旭川の間に広がる空知平野の真ん中、
砂川市を拠点に「ものづくり」と「地域」の可能性を模索しながら、
これからも世界のお客様と触れ合えるフィールドを目指していきます。